スピリチュアルヒーリング瞑想

生きやすい人生にするために 番外編 〜瞑想のすすめ

  1. 生きやすい人生にするためにやってみるといいのにな、と思うことを4回にわけて書いてみましたが、最後に番外編を。
    過去記事はこちら。

生きやすい人生にするために 〜自分の進化に大切だと思うこと

生きやすい人生にするために その1. 〜自分を知る

行きやすい人生にするために その2. 〜内省内省また内省

生きやすい人生にするために その3. 〜浄化浄化また浄化

番外編は「瞑想」についてです。

 

番外編 〜瞑想のすすめ

心身の浄化におすすめなのが瞑想です。
最近ではマインドフルネスというのもありますね。

わたしにとっては、浄化にかかせないものだったといっても過言ではありません。
わたしの場合は、自分を知り内省しているなかで、必要な情報がもたらされたのですが、いつのまにやらしたいなと思い、自然と瞑想するようになってました。

浄化の過程ではなかなかに辛いことも多く、落ち込んだとき、イライラしたとき、身体のどこかが痛いとき、などに瞑想することでスッキリして落ち着きました。
自律神経のバランスが整うように思います。
一説によると、30分の瞑想は、2〜3時間の睡眠と同じ効果がある、なんて話もあります。

瞑想することによって、常につきまとう思考や自我から離れて、本来の魂の状態に戻すとでも言いましょうか、本来の自分に還ることによって浄化され、本来の自分の方が優位になってくるように感じます。

やったことがない方にとっては難しそうとか集中が続かなそうとかなんですかね?
瞑想って、集中することではありませんよ。リラックスするものです。

 

瞑想の方法は?

ちょっと調べてみると、いろいろ出てくると思います。
エネルギーワーク的にいろいろイメージしながらうんぬんかんぬん、など。
でもそんなに難しく考えなくてもいいんですよ。

頭をからっぽにして深呼吸してリラックスするだけです。
わたしのなんとなくの手順を書いてみます。
自己流ですが、深呼吸してリラックスしていると、そのときどきでやることが浮かんできました。

・自分が楽な姿勢で座る。(椅子に座る、あぐらを組む、正座する、などなんでもOK)

・楽にしながらも背筋は伸ばす。(1〜7のチャクラが一直線になるように)

・目を軽く閉じて深呼吸する。(吸った秒数の倍くらいの時間をかけて吐ききる)
深呼吸は、鼻から吸って口から吐く、鼻から吸って鼻から吐く、のやり方がありますが、自分が気持ち良い方でいいように思います。口から吐くほうが吐ききりやすいかもしれません。

・深呼吸をしたいだけしたら普通の呼吸をゆっくりする。

以上です。
で、間違いなく雑念が浮かびます。
「今日の晩ご飯なににしようかな」「あの子、明日の授業でペットボトルがいるとか言ってたな」「あ、洗濯物入れなきゃ」「トイレットペーパー絶対買わなきゃならん」などなど。

人間、常に頭でなにかを考えています。ずーっとずーっと考えています。
瞑想は頭をからっぽにするのが目的です。

必ず雑念が浮かぶので、呼吸を意識してみてください。
吐いたー、吸ったー、吐いたー、吸ったー、と、お腹がへこんでお腹がふくらんでに意識を向けると雑念が浮かびにくいです。
もう呼吸が自分です。自分がいまここに在って、ただ呼吸しているだけです。
そのまま寝ちゃうかもしれませんが、そういうときは寝ちゃってください。

それでも雑念が浮かびます。
おっといかん、と呼吸に意識をもどしてください。
それでも雑念だらけになってしまうときはやめてください。そんなときもあります。深呼吸できてよかったなと思ってください。

自分が気持ちいいと思う音楽を聴きながら、というものアリかと思います。
音を聴いていると雑念が浮かびにくいかも。歌詞があるものはそこから連想して雑念に向かうのでインストがいいでしょうね。
ヒーリングミュージックってたくさんあって、わたしなかなか選べないんですけど。

あと、あお向けで大の字に横になって瞑想するってのもありますが、間違いなく寝ます。それはそれで気持ちいいですけれど。

現代人は忙しいですから、そんな時間とれないという方もいるでしょうね。
5分でもいいです。それもむずかしければ1分でも。

と、ひとりの静かな時間を確保して意気込んで瞑想するのが難しいあなた。
移動中のバスや電車の中で、深呼吸しつつ一点を見つめて頭をからっぽにボーッとしてください。
1分でも30秒でもいいので無になってみてください。瞑想と同じ効果があるように思います。

瞑想がどうにもできない方は、この、移動中などになにも考えずボーッとする、のを1日のうち何度かこまめにやるほうが効果的かもしれません。

 

瞑想〜初級から中級編

呼吸を意識せずともそんなに雑念が浮かばなくなって、瞑想が心地よく感じてきた場合。
少しイメージワークを。

深呼吸のときに、吐くときは自分の中の古いエネルギーやネガティブな思いなどを吐き出すように、吸うときは新鮮なきれいなエネルギーを吸うようにイメージしながらやってみてください。実際に古いエネルギーが身体のなかから出ていき、新しいエネルギーが入ってきます。

瞑想が心地よくできるようになると、身体が回転したり、左右前後に揺れたりしますが身をまかせてください。
目を閉じていても光が見えたりしますが、それもきれいだなとそのまま感じてください。
ビジョンが見えたりメッセージが聞こえたりするかもしれませんね。

あとは瞑想中のそのときどきに応じて、こういうことをイメージしてみよう、とインスピレーションが下りてきたりするのでそれをやってみてください。

興味を持ってネットで調べてみると、いろんな瞑想法やイメージワークがあると思います。
やってみたいな、と思うことはやってみて、合わなければやめて、自分が心地よいと思うイメージワークをやるのもいいかと思います。

わたしの場合は、瞑想中にイメージが下りてきて、それをただ感じていました。
たとえば、自分の中が光でいっぱいになる、自分がキラキラ光る透明な柔らかい物体になる、上から筒状の光が頭頂に入ってきて自分を突き抜け地球の真ん中まで下りていく、自分が一枚の羽衣みたいになって地球を包み込む、などなど。
若干怪しいですか、そうですか(笑)。

体調が悪いときは、悪い部分を治すべくイメージすると、痛みがひいたりしましたよ。
頭痛のときに、頭の中の血液や髄液がスムーズに流れていく様子をイメージしたり。
腰が痛いとき、炎症の場合は痛い部分が冷えていく様子や、冷えて痛いときは温かくなるようイメージしました。
不思議と楽になるんですよね。人それぞれかもしれませんが。

大きなケガをしたことはないのですが、たとえば骨折したときに、折れた骨がきれいにくっつくイメージを常にしていると、早く治ると思います。たぶん。

誰かへの感謝とか、地球の平和など、そういうことを瞑想時に思うのもいいのではないかと感じます。
祈り、というと少し宗教チックに聞こえるかもしれませんが、わたしはよく「地球上のすべてが癒されますように」とか「スピリチュアルガイドのみなさん、いつもサポートしていただいてありがとうございます」など、瞑想時に思っています。
近年は自然災害が多いので、各被災地に思いをはせることも、瞑想時にしています。

そして、わたしも経験しましたが、瞑想の調子が悪いときがあります。
そういうときは無理してやらなくていいと思いますよ。
日課になると、どうしても毎日やらなきゃと義務のようになりますが、やりたいときにやってやりたくないときはやらなくていいと思います。

あと、瞑想ができるようになると、息をするのを忘れることがあります。
呼吸は大事です。呼吸は忘れないでくださいね。

もうひとつ。
瞑想が日課になりイメージワークをしだすと、上の方ばかりになってフワフワします。
実際わたしたちは3次元の地球に住んでいますので、きちんとグラウンディング(地に足をつける)しないとバランスが悪くなります。

瞑想の最後に、自分の身体を樹木に見立て、足から根が出て大地のなかにどんどん伸びていく様子や、第一チャクラからコードが出てそれが地球の真ん中まで伸びていく様子などをイメージしてください。
グラウンディングにつながります。

 

瞑想の注意点

わたしがやっていて危険を感じたことはまったくないのですが、瞑想は少なからず危険だ、という人もいます。
精神を病む場合があるのだとかなんとか。

霊媒体質(霊を惹きつけやすい)の人は注意が必要かもしれません。
瞑想していて、あまりにも嫌なイメージばかり浮かんだり、気分が悪くなるときはやめてください。
瞑想に向いてない場合があります。

あと、瞑想すると脳のいままで使っていなかった能力、いわゆるサイキック能力が開花する場合があるようですが、サイキック能力を開花させることだけを目的とした瞑想は危険です。
たとえば、目に見えないものを見たいからと、いつもいつも第六チャクラだけに集中して瞑想したりすると、チャクラのバランスがおかしくなり、浄化とは関係ないことになってしまいます。

わたしにとって瞑想は、とてもリラックスできる心地よいものですが、そうではない場合もあるかもしれないので、注意しつつ自己責任でお願いします。

 

瞑想とフラワーエッセンス

瞑想するときもフラワーエッセンスを使っています。
ブッシュフラワーエッセンスのコンビネーションエッセンス「メディテーション」や、ヒューマニフェストの「コンセクレーションオイル」、スターエッセンスの「ブルーロータステンプル」など、気分に応じて使っています。

ハイヤーセルフとつながりやすくなるなど、瞑想するときにおすすめです。
もちろんフラワーエッセンスを摂らずに瞑想することもありますよ。

 

瞑想について書いてきましたが、自分にとって心地よいかどうか、それが一番です。
ちょっと時間があるときに、深呼吸して頭をからっぽにボーッとするだけでもおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です